2021年9月下旬入荷予定分「PS5」の抽選販売がヤマダデンキで9月4日~5日に実施中


2021年9月下旬に入荷予定分「PS5」の抽選販売が、ヤマダデンキで2021年9月4日~5日の期間に実施されています。

以下、抽選販売の概要です。

概要

今回も店頭での受取が必要な、店頭用の抽選販売となります。
当選商品の発送はできませんから、近くにヤマダ電機がない方は注意すること。

【スケジュール】
●応募期間
2021年9月4日(土)10:00から9月5日(日)23:59まで
●当選発表
2021年9月24日(金)中に当選発表予定

開催期間は上記の通り短いので、応募しわすれ防止のため、明日ではなく今すぐに応募しておくのがオススメ。

【対象商品】
今回抽選の対象となるのは、「PlayStation 5」または「PlayStation 5 Digital Edition」です。
前回はデジタルエディションがありませんでしたが、今回は両方とも対象になってます。

なお、型番の選択はできなく、「購入の際、お受取り店舗にて型番のご確認をお願いいたします。」とのことです。

今回の型番変更で本体仕様に大きな違いはないはずですが、それでも何らかの理由によりどうしても欲しい型番があるなら、ヤマダの抽選は諦めましょう。

【注意事項】
毎回のルールですが、転売や複数購入などの防止のため、購入の際は本人確認のできる書類の提示が必要です。
また、これまで(応募期間:2020年 9/18~9/22、11/13~11/15、12/12~12/13、2021年 1/16~1/17、2/13~2/14、3/6~3/7、4/10~4/11、5/8~5/9、6/12~6/13、7/10~7/11、8/14~8/15のいずれか)の抽選で「PlayStation®5」または「PlayStation®5 Digital Edition」のいずれかに当選した人は抽選対象外。
多くの人が入手できるよう、このような条件になってます。

【エントリーページ】
https://www.yamada-denki.jp/contact/ps5-entry.html

関連情報

関連ニュースです。

昨日公開されたBloombergの記事によれば、東芝の半導体供給が22年度上半期まで逼迫状態になっているとのこと。
半導体不足はゲーム機にも影響しており、供給を増やせない状況になっています。

エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは、年末商戦を控え、スイッチやPS5の旺盛な需要が見込まれる中、通常なら手配する増産について「現時点では打つ手がなく、供給を増やせない状況にある」との認識を示した。

情報源:Bloomberg:東芝の半導体供給、22年度上半期まで逼迫状態に-増産投資も部材不足

不足がさらに長引けば、来年もしばらくは本体の品薄が続くことになる可能性も?

ちなみに、今月9月下旬ごろからはSwitchの新モデル「Nintendo Switch(有機ELモデル)」の予約受付も始まりますが、ゲーム機向けの半導体不足はPS5だけではなく有機ELモデルの供給にも大きな影響を与えるかもしれません。